立入相互監視検査の実施

立入相互検査を実施しております。

定期検査を行うことで、常に品質維持・向上することができます。

弊社は「首都圏ポスティング協同組合」に加盟しています。「首都圏ポスティング協同組合」の理念は品質、効果とも一番といわれる組織を目指しています。その一環として、組合内に独自に立ち上げた検査委員会を設けています。「首都圏ポスティング協同組合」に加盟しているポスティング業者は定期的に検査を受けることになります。また、拒否することができないのが、「首都圏ポスティング協同組合」に加盟する時の条件のひとつになっています。

立入相互検査内容

  1. 検査実施日より過去3ヶ月の仕事の中から、検査員が無作為に調査する案件を決定。
  2. 選ばれた案件の資料を検査員に提出。
  3. 選ばれた案件に関し、クライアントからの発注書・指示書・給与明細・配布報告書・クライアントへの
  4. 請求書を、全て紐付けして、不正や不備が無いかを徹底調査
  5. GPS端末の保管、管理状態の確認
  6. 配布物の保管状態の確認
  7. 選ばれた案件のGPSの軌跡データを確認
  8. 選ばれた案件で実際使われた地図の確認
  9. 選ばれた案件のGPS軌跡データと地図の照合
  10. 他、仕事の入口から出口までの流れなど繰り返し監査

検査証の発行

立入検査が終了後、検査員会が調査内容を持ち帰って審議します。検査員全員の賛同がなければ、検査済証が発行されない仕組みとなっており、合格すれば検査済証が発行されます。